“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米カリフォルニア州、住民投票で同性婚の禁止を可決 ◇ニュースより
米カリフォルニア州で同性婚を禁止する州憲法改正案が可決されました。
取り急ぎ記事をいくつかお知らせします。

-----------

・米カリフォルニア州、同性婚の禁止を可決
 (2008年11月 6日 ロイター)
 http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-34765720081106

・米カリフォルニア州、同性婚禁止を可決 住民投票
 (2008年11月6日 日経ネット)
 http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081106AT2M0600G06112008.html

・同性婚禁止、予想外の可決 オバマ勝利も米社会の保守化進む?
 (2008年11月 6日 産経ニュース)
 http://sankei.jp.msn.com/world/america/081106/amr0811060919017-n1.htm


++++++++++++


*日経ネットの記事を紹介します。

米カリフォルニア州、同性婚禁止を可決 住民投票
(2008年11月6日 日経ネット)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081106AT2M0600G06112008.html

 4日の米大統領選に併せて実施したカリフォルニア州の住民投票で、同性婚を禁止する州憲法改正案が可決された。同州では州最高裁が5月に同性婚を認める判決を下して以来、有名俳優らを含む約1万8000組の同性カップルが誕生。改正案賛成派と反対派が合計7400万ドル(約73億円)を投じてキャンペーンを展開するなど、注目を集めていた。
 AP通信によると、5日午後にほぼ集計が終了した段階で賛成が52%と反対をわずかに上回り可決が確実になった。出口調査では、次期大統領に当選が決まった民主党のオバマ候補を支持する黒人やヒスパニック(中南米系)の多数が改正案を支持。白人は賛成と反対に分かれた。
 アリゾナ、フロリダ両州も4日の住民投票で同性婚禁止を可決。キリスト教保守派などの後押しにより、同性婚を非合法化した州は全米で約30州に広がっている。(ワシントン支局)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/tb.php/85-71b21235



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。