“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「性同一性障害」性別変更要件を機に考える(セミナー)
日にちが迫ってからのお知らせですみません。
アジア女性資料センターで下記のようなセミナーがあります。


----------------

「性同一性障害」性別変更要件を機に考える~
トランスジェンダーの人たちとつくる社会は?

講師:野宮亜紀さん
日時:7月5日(土)14:00~16:30

2003年の「性同一性障害者性別取扱特例法」によって、出生上の性別に違和感をもつ人たちが戸籍上の性別を変更できることになりましたが、それには「子がいないこと」などいくつかの要件を満たすことが必要です。当事者らによる運動の結果、「子がいない」という要件は、今国会で、「未成年の子がいない」という形に緩和される見通しです。
特例法の要件をめぐって、また「性同一性障害」の位置づけについて、この間、どのような議論がなされてきたでしょうか。トランスジェンダーの人たちが自由に生きられる社会とは。野宮亜紀さんをお招きして、ともに考えます。

場所:アジア女性資料センター(渋谷駅西口5分)
参加費:1000円(会員700円)
定員:25人
参加申込み:アジア女性資料センター事務局

http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin2/index.php?page=article&storyid=7



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/tb.php/40-3e965e7d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。