“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


共生ネット企画 市民講座「ひとりで暮らす? ふたりで暮らす? みんなと生きる!」
共生ネット企画の市民講座のお知らせです。

チラシはこちらから:
http://www.kyouseinet.org/pdf/azaminochirashi.pdf

----------------------
男女共同参画センター横浜北 2011 年度
「市民・NPO がつくる男女共同参画事業」市民企画講座・ワークショップ

◆タイトル
ひとりで暮らす? ふたりで暮らす? みんなと生きる!
 ~セクシュアル・マイノリティの視点から考える、緊急時の「多様な生きのび方」~


◆趣旨
災害や緊急事態が発生すると、それまでなんとか回避できていた差別問題が
表面化したり、日頃なんとか凌いできた問題が解決困難になったりすることが
あります。この講座では、緊急時にセクシュアル・マイノリティが直面する社会
的課題を手がかりに、参加者がそれぞれの課題を再点検し、暮らしやすい
「地域社会」を作る方法を考えます。

◆第1回 2012年2月5日(日)
「戸籍上同性」カップルの暮らしを支える社会支援
~地域や職場、友人・親族との繋がりを考える
【ゲスト講師】石坂わたるさん
【講師プロフィール】中野区議会議員。元養護学校教諭、精神保健福祉士。
同性愛者であることを公表した候補者として、2011 年 に日本初の当選を果たす。
【内容】日頃からみんなが暮らやすい多様性のあるコミュニティを作ること、
災害時に備えた地域づくりをすること、そして、戸籍上同性の二人暮らしが
しやすい社会を作ることなどについて、うかがいます。

◆第2回 2012年2月12日(日)
災害時こそ問われる「多様な生きのび方」
~さまざまなマイノリティに共通する課題と孤立しない暮らし方
【ゲスト講師】大江千束さん
【講師プロフィール】1995年中野(東京)に創設されたレズビアンとバイセクシュアル
女性のためのセンターLOUD(ラウド)www.space-loud.org/ の利用者、スタッフを
経て、1999 年よりLOUD 代表。17年来の同性パートナーとふたり暮らし。
共著『同性愛って何?』緑風出版2003、
共編著『パートナーシップ・生活と制度~結婚、事実婚、同性婚』緑風出版2007
【内容】震災の翌々日はLOUD のオープンデーで、ひとり暮らしで不安な人たちが
集まってきて、一緒に過ごしたそうです。そのときに語られた不安・見えてきた課題
についてうかがいます。

◆スケジュール
(両日とも講演のあとワークショップを実施します)
13:00 ~14:30 ゲスト講師の話を中心に
14:30 ~14:45 ★休憩★
14:45 ~16:00 前半を踏まえて小グループに分かれたワークショップ
          (進行役は共生ネットのメンバー)


<会場・参加費など>
【会場】アートフォーラムあざみ野(男女共同参画センター横浜北)セミナールーム3
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-kita/accessmap/
【参加費】各回1,000 円(当日)
学生、事情のある方は500 円の割引があります。遠慮なくご相談ください。
【定員】各回30 人
【保育】あり(1 歳6 カ月~未就学児、予約制、有料)
【企画実施】“共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
http://www.kyouseinet.org

<お申込>
12月20日(火) から先着順
 ・氏名(フリガナ)
 ・電話番号
 ・保育の有無
 ・何を見ての応募か
を明記して、「共生ネットあざみ野連続講座係」まで
E メールまたはFAX にてお申込ください。
【メール】kyosei2008net@yahoo.co.jp
【ファックス】03-5840-7640
 ※保育申込先「男女共同参画センター横浜北子どもの部屋」(電話045-910-5724)
 受講決定後、実施日の4日前までに直接お申込みください。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/tb.php/193-791f9cfd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。