“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンポジウム「性分化疾患/インターセックス」のお知らせ
大阪で下記のようなシンポジウムが開催されます。


--------------------

性分化疾患/インターセックス
   ―医療・教育・福祉の谷間を埋めて未来につなぐ―



日時: 12月11日(土) 13:00~16:00(12:30開場)
会場: ヴィアーレ大阪・4F「ヴィアーレホール」
http://www.viale-osaka.com/2010/modules/acsess/index.php/index.html
大阪市中央区安土町3-1-3  06-4705-2411(場所の問い合わせのみ)
    
講師: ミルトン・ダイアモンド(ハワイ大学医学部教授/性科学者)
     島田憲次氏(大阪府立母子保健総合医療センター/医師)
主催: 大阪府立大学
お問い合わせ: higashi@sw.osakafu-u.ac.jp 
         (大阪府立大学人間社会学部・東優子)
 

性分化疾患/インターセックスとは、性器や性腺(卵巣・精巣)、
性染色体の特徴が男女に典型的なそれとは異なったり、性器・
性腺・性染色体が不一致であるなど、70種類以上あるといわれる
状態の総称です。その発現率は、外性器の特徴から性別を判断
するのが困難な事例で新生児1/2000、何らかの男女に非典型
的特徴をもつ人の割合については1/200とも推計されています。

90年代に入って、「かつての患者」が治療方針や医療マネージメン
トに対して異議を申し立てたことが、海外メディアによって大きく報じ
られたこともありました。その後、関連学会が治療方針の見直しを
検討し、国内でも、日本小児内分泌学会が性別を判定するため
のガイドライン策定に向けた初の実態調査を実施するなど、事態は
少しずつ変化しています。

しかし、専門職者の間でも、とくに医療以外の、子育て支援に関わ
る教育・福祉分野では、いまだ「知る人ぞ知る」問題として埋没した
ままとなっています。当事者運動が告発した問題の本質は、「男女
どちらの性別に判定すべきか」ではなく、当事者に付与されたスティ
グマであり、孤立するなかで苦悩を抱え込まざるをえなかった状況
にこそあります。

そこで本シンポジウムでは、この問題に詳しい専門家を講師に迎え、
基礎知識の確認と論点整理をおこない、医療に限らず、教育や
福祉の視点から、包括的ケアのありようについて考え、未来へと
つなげてゆきたいと思っています。
米国からは、60年代以降の治療方針を批判し、1997年にはいち
早く「インターセクシュアリティ・マネージメントのガイドライン」を発表
したミルトン・ダイアモンド博士をお迎えします。
また、性分化疾患治療の最前線におられ、「初期対応が重要で
あり、その後の長い経過も医療者が連携し、患者の人生を見守って
いかなければならない」として、いち早く包括的ケアに着手してこられた
島田憲次医師をお迎えします。

専門職者に限らず、幅広く、多くのみなさまの参加をお待ちしています
ので、どうぞ奮ってご参加ください。

企画・司会 東優子(大阪府立大学人間社会学部)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/tb.php/174-75607c1e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。