“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岩波ブックレット 「いまこそ考えたい  生活保障のしくみ」
9月7日に発刊された、岩波ブックレット「いまこそ考えたい 
生活保障のしくみ」の8章で、共生ネットの宇佐美翔子が
性的マイノリティの立場からコラムを担当しています。

--------------------
岩波ブックレット
「いまこそ考えたい  生活保障のしくみ」 大沢 真理
ブックレットjpg
 ■A5判・72頁
 ■定価 588円(本体 560円 + 税5%)
 ■2010年9月7日
構造改革は,日本社会の貧困と社会的排除を拡大した.
機能不全に陥った生活保障のしくみを立て直すにはどうしたら
いいのか.つまずいて落ち込んでも,さりげなく寄り添ってくれる
人がいる.ひとり暮らしでも大丈夫!
――人々が支えあい,性別,年齢,障がいの有無等を問わず,
誰もがその人らしく生きられる社会を構想する.
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/2707900/top.html

目次
  まえがき
1 日本経済こそが危機
   ――回復のカギは女性の就業率アップ?
2 現実を直視しなかった旧政権
3 生活保障システムというアプローチ
  コラム 「フツー」を疑ってみること(皆川満寿美)/
  拡がる女性間格差(兼高利枝子)/
  貧困はあなたのせいじゃない(赤石千衣子)
4 「生きにくい」国ニッポン
5 所得と雇用は
6 ジェンダーこそが問題だ
  コラム ペイ・エクイティ(同一価値労働同一賃金)運動で
  均等待遇を!(屋嘉比ふみ子)
7 政府は何をしてきたか/何をしてこなかったか
  コラム ただ普通に暮らしたいだけ(鈴木重光)
8 生活の協同に根ざした福祉政府を
  コラム 日本には,一種類の家族形態・一種類の未来しか
  ないのだろうか?――性や生き方に中立な政策を(宇佐美翔子)/
  女性も男性も生きやすい社会を!(小宮山洋子)



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/tb.php/167-a45e2362



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。