“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミニ・ワークショップ「あなたの身近にいる、性的マイノリティ」
アートフォーラムあざみ野で、
共生ネット制作のDVD“セクシュアル・マイノリティ理解のために”
の上映と意見交換のワークショップを開催します!
ぜひご参加ください。
  ※11月には連続講座も開催します。詳細は後日。

------------------
アートフォーラムフェスティバル2010
男女共同参画ミニ・ワークショップ (DVD上映&意見交換)

「あなたの身近にいる、性的マイノリティ」

アートフォーラム20101031http://www.kyouseinet.org/kyouseinet0924_pdf.pdf

――セクシュアル・マイノリティとそうではない人が、それぞれの視点をもちよって。
   「ちがい」から見えてくる、お互いのこと、「社会と性」。

セクシュアル・マイノリティは、同性愛者が人口比で4%、性同一性障害は0.1%、性分化疾患は0.05%……といわれ、人口の面でも、とても身近な存在です。しかもそれだけでなく、このテーマを語るときのキーワード――「性指向(誰を好きになるか)」/「性自認(どの性別として生きるか)」/「性別表現(どの性別らしく見られるか)」――は、人の性や幸福が「身体的性別」のみでは規定できないことを示していて、どうやら、男女間コミュニケーションの難しさや暴力、男女の“生きづらさ”を考える上でも、大きなヒントになりそうです。このワークショップでは、あざみ野で当事者が発信してきたことが、なぜ、どのように“男女”共同参画とつながるのか、気づきを共有します。

――セクシュアル・マイノリティのことも「ゼロから分かる」ワークショップ。
もちろんセクシュアル・マイノリティについても、DVDの上映もあり、用語の意味から当事者たちのこころまで「分かる」ワークショップです。ディスカッションの時間も多めにとりました。
秋の午後、マイノリティの視点から「男女共同参画」を見つめなおしてみませんか。

日時:10月31日(日) 13:30~15:30
場所: アートフォーラムあざみ野 セミナールーム3
参加費: 500円
定員: 30名  ※事前申し込みは不要です

提案者: “共生社会をつくる”セクシュアル・マイノリティ支援ゼンコクネットワーク
      ミナ汰、RYOJI

★DVDについてはこちら→ http://www.kyouseinet.org/dvd/dvd.html



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/tb.php/164-b792cdca



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。