“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


STN春の学習会のご案内
STN(セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク) 2010年春の学習会の詳細です。


------------------------

セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク・春の学習会

日時:2010年5月15日(土)
   13時  ~14時     近況報告会
   14時30分~15時30分 QWRCからの報告
   15時40分~17時    インターセックス当事者からの話(予定)
   17時30分~       懇親会

会場:同志社大学新町キャンパス・臨光館208番教室
    (京都市営地下鉄今出川駅下車西へ800mほど)
    http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_access.html

☆QWRCからの報告
 QWRC(Queer and Women's Resource Center)は、2003年4月、
 大阪市北区にオープンした、LGBTI(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、
 トランスジェンダー、インターセックス)等、多様な性を生きる人々のための
 リソースセンターです。フェミニズムの視点を重視しながら、セクシュアリティを
 自由に表現できる社会の実現をめざし、講座の開催や電話相談などを
 実施しています。同時に、セクシュアリティやジェンダーをテーマとして活動
 する個人や団体の活動をサポートするよう、事務所やミーティングの
 スペースを提供しています。
 QWRCでは、現在セクシュアルマイノリティへの理解を進めるための啓発
 ビデオ「もしも友だちがLGBTだったら」と、ビデオの理解を深めるための、
 ワークシートや指導書を作成しています。
 今回は、このビデオの試写をおこない、意見交流をしたいと思います。
 http://www.qwrc.org/index2.html

☆インターセックス当事者からの話
 STNでは、いままでにいろいろな当事者からの話を聞いてきました。
 しかし、インターセックス当事者の方からの話を聞く機会は、なかなか
 ありませんでした。
 今回は、当事者の方から生の話を聞き、どのようなことを感じながら
 生きてこられたのか。具体的に必要なサポートがあるとすれば何なのか
 など、いろいろな話が聞ければと思います。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/tb.php/152-f9231752



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。