“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ラジオパープル」が新聞で紹介されました
先にお伝えした「ラジオパープル」が新聞で紹介されました。

-------------
DV、同性愛…女性向けネットラジオが開局
2009年6月12日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20090612ok03.htm


 暴力やセクハラ、性差別など女性が直面するさまざまな問題について情報発信するインターネットラジオ「ラジオパープル」(http://www.radiopurple.org/)が、6月3日に開局した。

 女性に対する暴力根絶を目指す「パープルリボン」活動の一環として、DV被害者を支援するNPO法人「全国女性シェルターネット」が中心になり、マイクロソフトの支援を受けて行う事業。同ネットと、女性の相談に応じてきた「フェミニストカウンセリング東京」、労働問題に取り組む「働く女性の全国センター」、同性愛や性同一性障害の人を支援する「“共生社会をつくる”セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク(共生ネット)」の計4団体が持ち回りで番組を制作する。

 「次は『セクマイ(=セクシュアル・マイノリティー、性的少数派)ってなあに?』のコーナーです。実際に困ったこと、それをどうやって解決したか、自分の体験をもとにお話しします」――。6月上旬の週末、「共生ネット」のメンバーが番組収録に臨んだ。活動の紹介や講座案内のほか、同性愛の女性が乳がんにかかった際の体験談など、約10分間の番組を作った。


 インターネットラジオは、インターネットを通じて音声情報を配信する仕組み。パソコンを使い、ホームページから番組をダウンロードして、好きな時に聴くことができる。

 6、7月は隔週で、8月以降は毎週水曜に番組が更新される。DV被害に遭ったらどうしたらいいのか、セクハラや不当解雇に直面したら――など、それぞれの団体が積み重ねてきた知識・情報を、当事者や支援者の立場で発信していく。団体の会報など既存の媒体では情報が届かなかった人にも、聴いてもらうことができる。リスナーの意見も紹介していくそうだ。

 「地方都市などには、周囲に相談できず一人で悩んでいる人も多い。ラジオから流れる情報で、勇気付けることができれば」と、共生ネットのメンバーの一人は話していた。

(2009年6月12日 読売新聞)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/tb.php/111-37f246a1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。