“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


憎悪犯罪の適用拡大(アメリカ) ◇ニュースより
アメリカのニュースです。
今まで、人種、宗教、国籍などへの差別・偏見に限定されて
いたヘイトクライムの適用対象を、性的指向、性自認、障害
などに対する差別・偏見にも拡大する、という法案が下院で
可決された、とのこと。

憎悪犯罪の適用拡大 米下院が法案可決
4月30日 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090430/amr0904301028007-n1.htm


 米下院本会議は29日、人種や宗教などへの偏見に限定してきた憎悪犯罪(ヘイトクライム)の適用対象を拡大し、同性愛者や障害者への偏見に基づく犯罪を加える法案を賛成249、反対175で可決した。

 法案にはブッシュ前大統領が反対していたが、オバマ大統領が推進。民主党の大多数と共和党の一部が賛成した。上院も審議を始める見込み。

 ワイオミング州で1998年に同性愛者の大学生が惨殺される事件が発生するなど、ヘイトクライムの適用拡大を求める声が人権団体を中心に上がってきた。(共同)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/tb.php/102-c969c6ef



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。