“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オバマ氏、12月の国連宣言に賛同 ◇ニュースより
オバマ氏がブッシュ前政権の方針を転換し、12月に国連総会に
提出された、性的指向・性自認に基づく人権を確認する声明

賛同することを明らかにしました。

+++++++++++++++

オバマ氏、同性愛差別根絶に賛同 ブッシュ前政権の方針転換
3月19日 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009031901000264.html

 【ワシントン18日共同】米国務省のウッド報道官代行は18日の記者会見で、
オバマ政権がブッシュ前政権の方針を転換し、同性愛者や性同一性障害者ら
に対する差別などの人権侵害根絶を世界に呼びかけた昨年12月の国連宣言
に賛同することを明らかにした。

 宣言は、性的指向や性同一性障害に対する差別の禁止を確認し、暴力や
嫌がらせなどを非難する内容で、欧州連合(EU)各国やカナダ、日本など
66カ国が賛同。アルゼンチン政府が代表して昨年12月に国連総会本会議
に提出した。

 ブッシュ前大統領は、同性愛者同士の婚姻を禁じる州法との整合性が
取れないなどとして、西欧諸国では唯一賛同を拒否していた。

 ロイター通信によると、同性愛は70カ国以上で違法とされ、極刑を科して
いる国もある。

2009/03/19 10:07 【共同通信】


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/tb.php/100-99f501d5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。