“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ラジオパープル」更新! 7/28
今月の共生ネット担当のラジオパープルが23日に更新
されましたので、お知らせいたします。


------------------------
女性のための「ラジオパープル」7月28日更新!

http://radiopurple.org
ラジオパープル


◆「地方に生きるということ Part1」

  地方に住むセクシュアル・マイノリティの状況を
  今月は愛媛で啓発活動をしているレインボープライド愛媛
  代表のエディさんにうかがいます(前編)。

●東京レズビアン
 リスナーの方からのメールをご紹介してます。
 地方で生きるヒントがあるかもしれません。
 
 感想はこちらまで→lgbti@radiopurple.org

●ラジオドラマ ビター&スィート
 え!? 就職試験でそんなことが?
 ある日、友人からきいた話。
 「あなたは、同性にひかれることはありますか?」
 という試験の質問にあなたは…?


ラジオパープルはこちらのサイトからお越しください。
    http://radiopurple.org 
番組のページに直接とぶにはこちらです。
    http://www.radiopurple.org/lgbt/


●番組担当団体○
【“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク】
セクシュアル・マイノリティへの根強い偏見の解消と真の共生社会をめざして、国政レベルに働きかける当事者のみならず、家族や友人などの支援者からなる全国ネットワークです。

●過去の番組○
・「プラダジャパンを不当に解雇されて裁判をおこす」
  働く女性の全国センター(ACW2) 7月24日更新
  http://radiopurple.org/acw2/2010/05/post-aa5e.html
・「ラジオドラマ:#3 アカデミック・ハラスメント」
  フェミニスト・カウンセリング東京 7月14日更新
  http://radiopurple.org/fc/2010/05/post-54f1.html
・「DV法の緊急保護命令」
  全国シェルターネット 7月7日更新
  http://radiopurple.org/dv/2010/05/post-6409.html
・「共生ネットDVDの反響」
  共生ネット 6月23日更新
  http://radiopurple.org/lgbt/2010/04/dvd-f1e9.html

その他ラジオパープルトップページからご覧ください。

●主催:NPO法人全国女性シェルターネット
●後援:内閣府、厚生労働省
●支援団体:コミュニティITスキルプログラム(マイクロソフト株式会社) 他


スポンサーサイト

ビッグイシュー 7月1日号でカミングアウトの特集
7月1日発行の“THE BIG ISSUE JAPAN”(ビッグイシュー日本版)146号
の特集は、
「カミングアウト ゲイ・レズビアンたちと結ぶ、人と社会の絆」

ビッグイシュー 146号
http://www.bigissue.jp/backnumber/bn146.html

彼氏いるの?彼女いるの?
そんな何気ない質問を受けるたび、ゲイ・レズビアンの人々は
「カミングアウト」の選択を迫られるように感じるという。
しかし、相手に否定的な反応を示されることへの恐怖心から、そ
の場をやりすごす場合が大半だともいう。
それでも「この人に自分の本当の気持ちを知ってほしい」。
そんな気持ちが募り、相手に対する信頼感があれば、ゲイ・
レズビアンの人たちはカミングアウトを選択する。
カミングアウトって?
そこで、砂川秀樹さん(文化人類学者)にカミングアウトの
過程を記録した『カミングアウト・レターズ』について、また
当事者10人の方々に「それぞれのカミングアウト」について
アンケートを行った。
さらに、親の会を立ち上げた清水尚美さんに「家族や友人のサポート」、
法学者の二宮周平さんに「DP法、同性婚の可能性」について聞いた。
そして、カミングアウトしやすい社会についても考えたい。

・ 避けてきた。けれど、希望が見える「カミングアウト・レターズ」
  -- 砂川秀樹さんに聞く
・ <アンケート> する、される。 10人のカミングアウト物語
  父母へ友へ、集い、そして社会で
・ 一人ひとりのカミングアウトが、世の中を変えていく
  -- 「LGBTの家族と友人をつなぐ会」の清水尚美さんに聞く
・ カミングアウト・イエスの社会へ
  -- まず、日本版DP法を (二宮周平さん)


※「ビッグイシュー」についてはこちら。
 http://www.bigissue.jp/about/index.html



「“先生のための”セクシュアル・マイノリティ入門DVD」上映会
7月25日、「Weフォーラム2010 in よこはま」の分科会で、
共生ネット制作のDVDの上映会を行います。
お知り合いもお誘いの上、ぜひご参加ください!

★DVDについて知りたい方はこちら

------------------------

男女共同参画センター横浜北2010年度「市民・NPOがつくる男女共同参画事業」
市民企画講座・ワークショップ
主催:Weフォーラム実行委員会・Weの会 ( http://www.femix.co.jp/ )
協力:“共生社会をつくる”セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
2010Weフォーラムチラシ1 2010Weフォーラムチラシ2 ※チラシはこちらから→


Weフォーラム 2010inよこはま 分科会(11)

授業で使う? 親が見てみる?
「“先生のための”セクシュアル・マイノリティ入門DVD」上映会


性同一性障害者、トランスジェンダー、同性愛者……
セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)はどんな思いで学校生活を
送っているのでしょう。生徒/わが子が当事者だったら?
“共生社会をつくる”セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク(共生ネット)
が、教材用DVD「セクシュアル・マイノリティ理解のために
~子どもたちの学校生活とこころを守る~」を作りました。
子どもから相談を受けても、これを見ておけば安心です!
どんな活用方法があるのか分かる、「解説つき」上映会を開催いたします。

●日時:2010年 7月 25日(日) 13:30~16:00
●講師:杉浦郁子(共生ネット)
●参加費:1000円(会場全体への参加費です)
●定員:40人(メールにてお申し込みください。当日参加も可)
●申し込み:E-mail: kyosei2008net@yahoo.co.jp(共生ネット)

●場所:アートフォーラムあざみ野3階 健康スタジオ
●会場:アートフォーラムあざみ野 〒225-0012横浜市青葉区あざみ野南 1-17-3
● HP:http://www.artforum-azamino.jp/map/index.html
●電話:045-910-5700 FAX:045-10-5755
●交通:東急田園都市線・横浜市営地下鉄「あざみ野駅」下車徒歩5分。
    できるだけ公共交通機関をご利用下さい。駐車場は予約制(有料)です。
●保育:1歳6ヶ月~未就学児、予約制、有料
    6/6~7/20までに「子どもの部屋」へ直接お申込ください。(電話 045-910-5724)

(お問合せ)詳細は下記へお問合せ下さい。
Weフォーラム実行委員会事務局(フェミックス内)
電話:03-3511-0028FAX:03-3511-0029
E-mail:we2010@femix.co.jp

※提供された個人情報は、今回の事業実施のみに使用し、
その他の目的で利用することはありません。

------



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。