“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク
だれもが 自分 を生きる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ラジオパープル」更新! 6/23
今月の共生ネット担当のラジオパープルが23日に更新
されましたので、お知らせいたします。


------------------------
女性のための「ラジオパープル」6月23日更新!

http://radiopurple.org
ラジオパープル


◆ 共生ネットDVDの反響

●共生ネット制作のDVDに多くの反響をいただいています。
 たくさんの方々にこのDVDをみていただき、
 セクシュアル・マイノリティの理解にお役立ていただき
 たく思っています。
 そして、当団体では当事者を生徒にもつ先生や子をもつ
 親御さんへ、出前講座を行っています。
 是非ご活用ください。

 共生ネットDVD販売サイト→http://www.kyouseinet.org/
 共生ネット公式ページ→http://kyoseinet.blog25.fc2.com/
 
●東京レズビアン
 ラジオパープルを聴いていただいている教員の方から
 感想をいただいております!
 あなたは、生徒にカミングアウトされた時どうしますか?
 
 感想はこちらまで→lgbti@radiopurple.org

●ラジオドラマ ビター&スィート
甘ずっぱいラブレターの送り主は?


ラジオパープルはこちらのサイトからお越しください。
    http://radiopurple.org 
番組のページに直接とぶにはこちらです。
    http://www.radiopurple.org/lgbt/


●番組担当団体○
【“ 共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク】
セクシュアル・マイノリティへの根強い偏見の解消と真の共生社会をめざして、国政レベルに働きかける当事者のみならず、家族や友人などの支援者からなる全国ネットワークです。

●過去の番組○
・「パート女性の電話相談:結果と報告」
  働く女性の全国センター(ACW2) 6月16日更新
  http://radiopurple.org/acw2/2010/05/post-aa5e.html
・「『言葉を育てる』フェミカンのグループワーク」
  フェミニスト・カウンセリング東京 6月9日更新
  http://radiopurple.org/fc/2010/05/post-54f1.html
・「人権の砦、裁判所に望む性暴力被害の理解」
  全国シェルターネット 6月2日更新
  http://radiopurple.org/dv/2010/05/post-6409.html
・「国際反ホモフォビア・デーとは?」
  共生ネット 5月26日更新
  http://radiopurple.org/lgbt/2010/04/dvd-f1e9.html

その他ラジオパープルトップページからご覧ください。

●主催:NPO法人全国女性シェルターネット
●後援:内閣府、厚生労働省
●支援団体:コミュニティITスキルプログラム(マイクロソフト株式会社) 他


スポンサーサイト

東京プライド・シンポジウム ~「公共性」を再考する~
今年の東京プライドパレードは8月14日(土)。
それに先立ち、東京プライド主催のシンポジウムが開催されます。

詳細はこちら:
http://tpp7th.exblog.jp/13860435/

-------------------
東京プライド・シンポジウム
~「公共性」を再考する~


日時:2010年7月4日(日)午後1時半~4時半(開場:1時)
場所:東京大学駒場キャンパス18号館ホール
   〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
   http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html

●講演者
講演1 『パレードと公共性』
砂川秀樹(文化人類学者/東京プライド代表)
HP:http://www016.upp.so-net.ne.jp/sunagawa/
著書:「カミングアウト・レターズ」(太郎次郎社エディタス)など

講演2 『規範的理由と感情について』(仮)
齋藤純一さん(早稲田大学政治経済学術院教授)
著書:「公共性」「自由」「政治と複数性」(いずれも岩波書店)など

講演3 『傷をさらす/さらさない場所』
宮地尚子さん(一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻教授)
HP:http://naokomiyaji.web.fc2.com/j/Welcome.html
著書:「環状島=トラウマの地政学」(みすず書房)、「傷を愛せるか」(大月書店)など

講演4 『「死」の“公共圏”を越えて連帯へ』
稲場雅紀さん(動く→動かす GCAPJapan事務局長)
共著:「流儀」(生活書院)
GCAPJapanのHP: http://gcapj.blog56.fc2.com/

★登壇者4人によるクロストーク&質疑応答 
コーディネーター:稲見隆洋(東京プライド・コアスタッフ)
入場無料・予約不要

(予定は予告なく変更になる場合もございますのであらかじめご了承ください)

主催:東京プライド
http://www.tokyo-pride.org/

特別協力:清水晶子さん(東京大学大学院准教授)



ワークショップ 「学校教育と性的少数者」 (大阪)
DVDを使った模擬授業のワークショップです。

---------------

ワークショップ
「学校教育と性的少数者」

大阪において、人権教育は多様な広がりを見せてきましたが、性的少数者
に関わる取り組みは未だ十分におこなわれていない現状があります。
その一方で、性同一性障害の子どもに関わる問題などが頻繁に報道される
ようになった現在、対応を考え始める学校も増えてきていることでしょう。
このワークショップでは、人権学習用に制作された映像作品を使用する模擬
授業を中心に体験します。子どもたちが性と向き合い、多様な性を尊重する
ため、学校教育に求められているものは何か、皆さんと一緒に考えていきたい
と思います。

〔当日の内容〕
・DVD「もしも友だちがLGBTだったら?」「LGBTインタビュー」
 を使用した模擬授業
・性的少数者の生徒をサポートする取り組みの報告と討議

日時:2010年6月26日(土)午後1時~4時30分
場所:リバティ大阪 大阪人権博物館 研修室
定員:72名
参加費:入館料のみ
    一般250円、大・高生150円
    中学生以下・65歳以上・障害者(介助者含む)は無料
主催:大阪人権博物館・QWRCビデオ企画

※詳細・申し込みは下記をご参照ください。
    http://www.liberty.or.jp/plan_exhibit/2010-6-26workshop.html



米国パスポートの性別変更、性別適合手術の証明不要に ◇海外のニュースより
アメリカで、性別適合手術を受けていなくても主治医の証明があれば
パスポートの性別変更が認められるようになるというニュースです。


----------------
■米国パスポートの性別変更、性別適合手術の証明不要に
2010年6月10日 CNN.co.jp 
http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201006100010.html

米国務省は9日、パスポートの性別変更手続きを改定し、性別適合手術を受けていなくても主治医の証明があれば、性別変更を認める新方針を発表した。10日から適用される。


[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。